2007年11月23日

DSで1日10分英語を学ぼう!

1日10分だけ、DSで英語を勉強することを、習慣にしちゃいましょう。

たった10分だけ・・・



アルクの10分間英語マスター 初級

このブログを応援してくださる方は人気blogランキングへクリックお願いいたします!!
すごく元気出ちゃいます手(チョキ)  

独学に自信が無くなったら・・・大丈夫exclamation
あなたの英語学習生活、応援しますぴかぴか(新しい)
大人のための通信講座 
posted by positive at 01:07| Comment(35) | TrackBack(0) | 語彙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

ボキャビルマラソン MUSTで語彙の基本をみにつける

 文法をマスターして、基本の英文も話せるようになった。

 けれど、それ以上、会話を広げられない。

 それにはやはり語彙、つまり単語を増やさなくては・・・!

 ということで、初心者の語彙学習にかなり効果のあるメソッドによって作られた語彙のための通信教育をご紹介します。

 その名も「ボキャビルマラソン MUST」です。

 私が学生の頃から英語学習ならここ!と敬愛してやまない、語学学習の老舗「アルク」の通信教育です。

 まずはそのよさを Check it out!


「ボキャビルマラソン MUST」

このブログを応援してくださる方は人気blogランキングへクリックお願いいたします!!
すごく元気出ちゃいます手(チョキ)  

独学に自信が無くなったら・・・大丈夫exclamation
あなたの英語学習生活、応援しますぴかぴか(新しい)
大人のための通信講座 
posted by positive at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 語彙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

語彙にも多読!−前後の文脈を読み取ろう−

 英語の学習に「多読」がいいのは、多くの場所で言われていることですね。

 この「多読」をする際、意味がわからない単語にぶつかっても、すぐ辞書に頼らないでくださいね。

 まず、前後の英文を読み、その文脈からおおよその見当をつけ推測します。

 「前後がこういう意味だから、ここは多分こんな意味だろうなぁ・・・」みたいに。

 そして最後に辞書を引いて調べてください。
 
 そこまですると、悩んだ分、記憶に残るのです。

 そして、前後の文脈から推測する癖をつけていると、例えばTOEIC や英検の長文問題でわからない単語が出てきても、臆することなく読み進めることができるのです。

 苦しいけど、つい辞書を引きたくなっちゃうけど、とにかくまずは推測することから始めましょうね手(チョキ)

このブログを応援してくださる方は人気blogランキングへクリックお願いいたします!!
すごく元気出ちゃいます手(チョキ)  

独学に自信が無くなったら・・・大丈夫exclamation
あなたの英語学習生活、応援しますぴかぴか(新しい)
大人のための通信講座 

posted by positive at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 語彙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

語彙の有効な覚え方

 語彙を覚えるとき、単語帳を作るのはもう止めましょうね。

 単語を一つ一つ単独で覚えると、その時覚えたとしても、いざ会話に使おうとする時、なかなかスムーズに出てきにくいものです。

 こんなときはどうしましょう?

 初めから、その覚えようとする単語を含んだ英文を覚えちゃうんです。

 フレーズや文で覚えると、語彙の意味も覚えやすいし、使い方もイメージとしてマスターできるので、会話にすぐに活かせます。

 語彙の参考書の例文ごと覚えたり、辞書に載っている例文を覚えたり、自分に合った方法で、英文ごと覚えましょうね。

 Let's try!

このブログを応援してくださる方は人気blogランキングへクリックお願いいたします!!
すごく元気出ちゃいます手(チョキ)  

独学に自信が無くなったら・・・大丈夫exclamation
あなたの英語学習生活、応援しますぴかぴか(新しい)
大人のための通信講座 

posted by positive at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 語彙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

基本の動詞をマスターする

 文法の学習はすすんでいますか?

 英文には欠かせない動詞のお話です。

 動詞には、状態や存在を表す「be動詞」と、そのまま動きを表現する「一般動詞」があります。

 「be動詞」についてはまたいつか詳しくお話しますが、今日は「一般動詞」の中でも、会話に非常に頻繁に出てくる動詞のことについて。
 
 英語を習い始めてすぐに学ぶ基本の単語ほど、実はとても重要なのです。

 例えば 'make' 一つとっても、作る」、「・・・の原因となる」という基本の意味のほかに
‘make out’ で「理解する」
‘make for’ で「〜に向かって進む」
など、他の言葉との組み合わせでもいろんな意味を表現できます。

 難しい単語を一つ覚えるよりも、まず、このような会話に良く出てきて、覚えやすい単語の意味をたくさん覚えておきましょう。

 簡単な英文を、自分の力でどんどん表現できるようになりますよ。

 まずは基本的な単語を辞書で引き、いろんな表現、覚えましょうね手(チョキ)
 
このブログを応援してくださる方は人気blogランキングへクリックお願いいたします!!
すごく元気出ちゃいます手(チョキ)  

独学に自信が無くなったら・・・大丈夫exclamation
あなたの英語学習生活、応援しますぴかぴか(新しい)
大人のための通信講座 

posted by positive at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 語彙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。