2007年04月09日

語彙にも多読!−前後の文脈を読み取ろう−

 英語の学習に「多読」がいいのは、多くの場所で言われていることですね。

 この「多読」をする際、意味がわからない単語にぶつかっても、すぐ辞書に頼らないでくださいね。

 まず、前後の英文を読み、その文脈からおおよその見当をつけ推測します。

 「前後がこういう意味だから、ここは多分こんな意味だろうなぁ・・・」みたいに。

 そして最後に辞書を引いて調べてください。
 
 そこまですると、悩んだ分、記憶に残るのです。

 そして、前後の文脈から推測する癖をつけていると、例えばTOEIC や英検の長文問題でわからない単語が出てきても、臆することなく読み進めることができるのです。

 苦しいけど、つい辞書を引きたくなっちゃうけど、とにかくまずは推測することから始めましょうね手(チョキ)

このブログを応援してくださる方は人気blogランキングへクリックお願いいたします!!
すごく元気出ちゃいます手(チョキ)  

独学に自信が無くなったら・・・大丈夫exclamation
あなたの英語学習生活、応援しますぴかぴか(新しい)
大人のための通信講座 

posted by positive at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 語彙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。