2007年08月28日

聞こえない英語には慣れるしかない!

ある英語学習番組で言っていたけれど、英語の話し言葉では、単語の語尾の子音は消えて聞こえがちなんだそうです。

だから普通に、一つ一つの単語の発音を覚えたとして、例えそれが、正しく、美しい発音であったとしても、いざ、話し言葉にすると、聞き取れなかったりしますよね。

それなら、どうしたらいいか・・・。

やはり学習と訓練しかありません。
単語って、ある程度使われる場面って決まってきますよね。
決まり文句から始めて、その聞き取りにくい単語が使われている、いろんなパターンの英文を研究するんです。

研究といってもそんな難しいことではなく、英文を暗記したり、単語が使われている場所を確認するんです。

そして、会話文を聞こえる通りに覚えちゃう。
例えば「Check」なら「チェック」ではなく、「チェッ」と聞こえますよね。その通りに覚えるんです。

そうすると、「チェッ」と聞こえたら、「Check」かな?と想像が付きます。もちろん、「Check」が使われるパターンの英文の場合ですが。

そして、慣れるんです。言うことにも、聞くことにも。

道を究めるなら、問題を一つ一つクリアしていきましょう。

このブログを応援してくださる方は人気blogランキングへクリックお願いいたします!!
すごく元気出ちゃいます手(チョキ)  

独学に自信が無くなったら・・・大丈夫exclamation
あなたの英語学習生活、応援しますぴかぴか(新しい)
大人のための通信講座 
posted by positive at 18:15| Comment(0) | TrackBack(6) | リスニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

小学生にできるなら、大人だって!

今日は陰山式の反復練習シリーズについて少しだけ詳しくお話します。

以前にも書きましたけれど、これは実際私の子供に実践させ、高い効果を得ています。

陰山式の反復練習シリーズは、中学に入る前に、「ドリル形式で反復練習しながら、英語を自然と身につけましょう」というコンセプトのシリーズです。

小学生でも一人で無理なく学習できる、というものです。

CDが付いているので、ネイティブの発音を確認しながら、自分でまねすることで、正しい発音をマスターし、聞き取れるような耳を作ります。

反復練習で、英語をしっかり定着させることができます。

1か月、厳密に計画通りに進むと、20日間で仕上げることができます。
もちろん、マスターできるまで、何度でも繰り返すといいですね。

聞いて、真似て、繰り返す。

ある程度マスターしたら、自分の力で言えるか確認する。

また繰り返す。

小学生にできるカリキュラムなのですから、大人にできないわけがありません。

「英語聞き取りドリル」「英会話ドリル」「英単語ドリル」「英語書きかたドリル」があり、自分の不得手とするものを強化するのも一つの方法ですが、全てをバランスよく、学習してはどうでしょう。

小学生向けですし、20日完結ですので、決して難しいことではないと思います。是非トライしてみてくださいね。

陰山式「反復練習英語暗唱ノート」


このブログを応援してくださる方は人気blogランキングへクリックお願いいたします!!
すごく元気出ちゃいます手(チョキ)  

独学に自信が無くなったら・・・大丈夫exclamation
あなたの英語学習生活、応援しますぴかぴか(新しい)
大人のための通信講座 
posted by positive at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。